神戸トランペット吹きのブログ

神戸、有馬出身のラッパ吹きです。トランペットで笑顔を増やすべく、各地で演奏、レッスンを行っています♪活動の記録や感じたことを徒然なるままに綴ります。

経験者が教える辛いスランプ、脱出法と予防法

f:id:tpkumasan:20171017114122j:plain

雨ですね〜しばらくはずっとこんな感じなのでしょうか。

 

まあでもこんな天気、気持ちをゆったり落ち着かせるにはもってこいの天気だと思っています。

部屋の中から雨の降る様子を眺めているのが好きです。基本インドアなので...

 

とそんな話は置いといて、今日はトランペットを吹いている人には一度は陥るであろう「スランプ」についてお話したいと思います。

 

私自身も音大に通っている頃、なぜか音が出なかったり、吹きにくかったりして楽器をやめようとしたこともあるぐらい悩まされました。

 

なので、少しでも同じように悩んでいる人たちの希望になれば...と思って書くことにします。

 

では早速。

 

目次

 

スランプとは

 

誰もが一度は耳にしたことがあると思いますが、スランプとは英語で

 

一時的に調子が出ない状態、不調。

 
を意味します。なんとなく意味はわかる方多いですよね。
 
ある程度安定して吹けるようになってきた頃から、自分の思い通りに吹ける日とそうでない日の差を自覚できるようになり、なんとなく前の方が吹けていたな〜なんて思ってしまうこと...
 
これがスランプに陥ってしまった時なのかなあと思います。
 
 
トランペットでよく聞くのが
  • 突然音が出なくなった

  • 音は出るけどカスカスする

  • 高音が出しにくい

  • 低音が出しにくい

  • すぐにバテる

などの症状です。この症状が全部出るわけではないですし、もっと些細な違和感をずっと抱えている方もいらっしゃいます。

 

なんにせよ、こんな状態が長期間続くと自信もやる気もなくなってしまいますよね。

 

でもそんな時も自分次第です。自分のやり方次第でスランプを脱することは可能です!絶対です!

 

それは私が長い間悩まされてきたからこそ断言できます。

 

一緒にスランプから抜け出しましょう!

 

スランプを引き起こす原因はなんだろう?

何事も問題の原因を考えることは解決への一番の近道だと思います。

私の経験したスランプの原因をピックアップしてみることにします。

 

精神的な負担

大学時代、周りの人と私の音楽に対する考え方の違いで、嫌な思いをしたり、小さな我慢の積み重なりがありました。

 

音楽とただ純粋に向き合うことすらできず、周りの目ばかりを気にするようになってしまうようになって、練習もうまくいかないことが多くなり、できないことばかりに目がいくようになりました。

 

そしてついにある出来事がきっかけで、それ以後、楽器を持つだけで涙が溢れ、楽器を練習することも辛くなるまでになりました。

もうスランプどころでないレベルでしたね...笑(笑えない)

 

それでもバカにされたくない、下手になりたくない一心で楽器は吹いていたのですけれど、今こうして記事にしながらも思い出すと辛い気持ちになります。(もちろん、それをわかってくれて応援してくれたり、励ましてくれる人も居ましたし、たくさん良い思い出もあります!)

 

こういったように心から楽器を楽しめる状況でない場合、不安や緊張などの精神的ストレスがスランプの原因になり得ると思います。

ストレスが直接の要因にはならないと思いますが、ストレスを受けることによって楽器演奏に必要な身体の柔軟性が失われるのでは?と思います。

 

ストレスを感じると人間は身体を強張らせ、身を守ろうとするそうです。

身体が強張ると楽器を持つ手に力が入ったり、ブレスがうまく取れなかったりなど、演奏に支障が出てしまいますね。

 

また、できないことに意識がいっている場合、できない不安や焦りも出てきてさらに悪循環になりがちです。

 

そう考えるとたかがメンタルなんて言ってられないですよね...!

 

身体の疲れから

これも私経験しました。

寝ても寝ても疲れが取れなかった時期があるんです。

毎日身体は重いし、眠たいし、やる気は起きないし。

正直、予定を詰めすぎていましたね。笑

 

卒業して間もなかったですし、フリーランスの立場上一つ一つのお仕事が本当に嬉しくて...

気づいたらやることに追われていたんですよね。

心にも余裕がなかったです。

 

当然お仕事にはレッスンだけでなく演奏のお仕事もあるわけで。

それに間に合わせなければという精神的なプレッシャーもあり、割と全てのバランスを崩してしまっていました。

 

吹けるには吹けるんですけど、もう身体が疲れているので演奏も相当しんどかったです。

 

ちゃんと休みも大事だなと実感した出来事でした。

 

奏法に無理がある場合

こう言っても一概にまとめられることではないのですが、極端に力みすぎて演奏していたり、演奏の姿勢がどこかに負担のかかるものであった場合などが考えられるでしょうか。

知らず知らずのうちに疲労が蓄積し、その限界を越えて音が出なくなったりします。

 

些細なことも原因になりかねません。

 

腕が疲れていてそれを支えるために背中を反って構えたり、いつもより少しブレスの量が少なかったり...まだまだいろんなことが引き金になると思います。

 

このパターンも知らず知らずのうちに自分の演奏のバランスが崩れてしまって、気づいたら何かおかしいな、吹きにくいなってことになってしまうようです。

 

さらに生徒さんの声としても多いのが、コンクール前(本番前)に音が出なくなった。というやつです。

 

これは実際私も中学生の頃に経験しました。焦りますよねこれ...

 

連日の練習で体の疲れも唇の疲れもたまっているところに、追い打ちをかけるような強化練習...。

 

あともうちょっと本番のために頑張りたい!って思う気持ちだからこそ頑張りすぎてしまうんですね。

 

これも含め無理が祟ると、いわゆるスランプに陥ってしまいます。

 

ではスランプに陥ったときどうしたら良いのか。具体的に考えてみましょう。

 

焦りは禁物!スランプ脱出法は?

どうしても焦ってしまいがちなスランプ。

でも焦れば焦るほどどんどんわからなくなるし、悪循環にハマっていきます。経験済みです。笑

 

脱出法(そんな大げさなものではないか...笑)は色々試してみました。私に一番効果のあったものはもちろん、それ以外にも試してみたことは惜しみなくご紹介します。

 

楽器は吹かない、心と身体のメンテナンスをする

 

これ、よく言われる方も多いのではないでしょうか?

これは私がスランプに関わらず大事にしていることです。

 

スランプのときって「このままじゃダメだからなんとか練習しなきゃ!」の考えの方になってしまう方、多くいらっしゃると思います。

 

でも練習って「こうしたい!」や「これもやってみよう!」って自分の気持ちが前向きなときほど捗るし、効果があるものなのです。

 

厳しいことを言うようですが、根性論で無理に吹き続けたところで確実に上達はありません。

 

少し気持ちにも余裕が持てることが大事です。

 

それに身体の疲れが取れたり、心がリラックスできればスランプの大敵である力みも自然と遠ざかります

 

どこかリフレッシュしに出かけてみるのも良いでしょう。

自分の好きな音楽を聴いてみたり、歌を歌ったりするのもオススメです。

「あ、このフレーズ綺麗だな、吹いてみたいな」と思えるようになれば自分の中にある『音楽したい欲』が刺激されている証拠なので(^^)

 

そうなったらまた新たな気持ちで練習してみてください。

 

楽器を吹かない時間が演奏に役立つこともたくさんあるのです。

 

基礎練に徹する

これは学生時代にやってました。

楽器を吹かない時間も嫌だったのでとにかくロングトーンしてましたね。笑

 

一つ気をつけていたのは、自分がまだ納得できる音色が出せる音域のみに限定して練習することでした。

 

無理に出そうとするともっとバランスを崩しますから、出しやすく、納得できる音を確かめながらゆっくり行いましょう。

そうやって吹いているうちに、気づいたら元の吹き方を思い出せている感じでしたね。

 

他の方法より時間もかかりますし、やり方によってはリスクもあるのであまりオススメはしません(><)笑 

唇のケアをしまくる

はい。こんな私も数年前までは奏法に無理があったタイプで、よく演奏した日は唇を腫らしていました。

腫れてしまった次の日は振動しづらくなり、それはそれは絶望しかありませんでした笑

 

そうならないためにも、よく演奏した日のうちに唇をアイシング。

お風呂ではほっぺたのマッサージ。

寝る前はワセリンを塗って保湿。

 

そうすることで少し改善できた部分もあると思います。

今でも保湿は命と同じくらい大事にしていますけどね(^^)笑

 

 

自分を客観的に分析する

大学を卒業し、色々な勉強、レッスンを受ける上で気づいた方法です。

正直なところ私に一番合っているのはこの方法です。

 

スランプはいつもの奏法のバランスが崩れてしまっている状態です。

いつもと違う何か、つまり小さな違和感に気付ければ脱出の糸口、見えてきそうじゃないですか?

 

これから私が実際に過去に気づいた小さな違和感をご紹介します。

 

  1. 息が入りづらい
  2. 左手が疲れやすい
  3. 息が吸いづらい
  4. お腹が疲れている

 

こんな感じです。音色や音量など、音に関することはこれらが原因となって、引き起こされている結果の部分なので、音以外の部分の違和感を見つけてみましょう。

  

私はこれ以外の症状はほとんど出ることがなく、出てもすぐに解決できるので、重症化(?)しやすいものはこの辺りの症状だと把握しています。

 

実際生徒さんへのレッスンでは違う症状を訴える子もいるので、人それぞれ違って当たり前だと思います。じっくり考えてみましょう。

 

そして先ほどの小さな違和感からさらに掘り進めてみたものがこちらです。

(上記の番号と同じ番号のものが自分なりの解答です)

 

 

  1. 息を吸う量が少ない→そもそも息が吸い辛い→持ち方に力が入って上半身が不自由になっていた(いつもより右腕をあげすぎていたことによる身体のバランスの崩れ、それにより肩も凝っていた)→鏡をみてフォームチェック
  2. いつものフォームと違い、左手だけで支えようとしていた→右手も積極的に使ってみるようにした
  3. 1の改善策とほぼ同じ。
  4. 1の改善策とほぼ同じ。

 

 

こうなりました。

最終的に行き着く答えは非常に些細なことなのがわかりますか?

些細な違いでも、身体はどこかに負担をかけてバランスを保とうとするのでしょうね。

色々驚きです。

 

そしてこの結果から、息が吸い辛い場合は身体のどこかが力んでしまい、自由に動ける状態でないことで引き起こされるということに気づきました。

 

力む箇所は場合によって様々ですが、私の場合100発100中(?)どこかで力んでいました。

 

私の場合、普段の奏法はだいぶん無駄な力を省けるようになったと思うので、このスランプの原因はストレスによるものなのか、身体の疲れによるものなのかのどちらかだと思います。

 

よくよく考えてみると、私はおそらく精神的なストレスなのです。笑

そこから身体を無意識に強張らせてしまうことが多いんでしょうね;;

 

実は先述の学生時代の出来事であがり症になってしまい、今はいろんな方にお世話になり、本番であがることはなくなりましたが、本番前はついつい演奏に対する不安などを考えすぎてしまうんです(><)早く克服したいです。

 

ちょっと話が逸れましたが、こうやって分析すれば自分が負担をかけてしまうパターンがわかってきます。

 

その都度違和感に気づいたらメモをしておいて、その結果がわかればそれもメモしておく。

 

私はこれをここ数年繰り返し、自分のパターンを見つけました。

パターンがわかってからはスランプとはほぼ無縁です。小さな違和感のうちに改善できちゃいますから(^^)

 

 

 スランプを予防する

そんなスランプも予防できるのであれば予防できるのが一番に決まっています!

 

 

もうここまで読んでくださった皆さんならなんとなくわかるのでは?と思うのですが、私が思うスランプ予防に大事なことを挙げてみますね。

 

  1. 気分が乗らない日は無理に練習しない
  2. どうしても練習しなきゃならないときは自分の納得できる音色が出せる音域に限定する
  3. 楽器を吹いていない時間にも練習ができることを知っておく
  4. 普段から音楽を聴き、「音楽したい欲」を高めておく
  5. 小さな違和感を見逃さず、いつも通りとは何かを把握しておく

 

 

1.2は先述した通りです。

 

3.4は似たような意味合いかもしれませんね。楽器を吹いていないときこそ自分のやりたいことややりたい音楽がはっきりしてくると私は思います。

好きな曲を聴いて音楽のイメージを持つことは、がむしゃらに練習するより非常に効果的ですよね。

それに「こんなことがしたい!」という気力があればストレスなんて吹き飛ばしますから(^^)

 

5も先述した通り、そこで自分のパターンがわかればそうなる前に自分で良い方向にシフトチェンジできますよね。

良い方向にシフトチェンジするためには良い方向も知っておかなくてはなりません。

 

なので「今日すごく楽に吹ける!」「いい音が出せた!」など、少しでも良いことが起きたらどんなフォームで吹いているときにそれができるのか、チラッと鏡を見てみましょう。

 

他にも、楽に息が吸えるときはこのあたりがしっかり膨らむ気がする!とか息を吐くときはお腹のこの辺りで支えている気がする!などを観察してみてください。

 

息に関しては見えないので自分の感覚頼りになりますが、続けているうちに覚えられます。

 

諦めずにチャレンジしてみてください!

 

 終わりに

 

たくさんの方法をご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか。

私なりの方法なので、100人中100人の方にしっくりくることは難しいのかなと思っています。

 

ですが私自身、思うように吹けず歯がゆくて悔しい思いをたくさん経験してきたので、少しでも同じ悩みをお持ちの方の希望になればと書かせていただきました。

(想いが熱すぎて今までの記事で最多の文字数になっております笑)

 

最後にご紹介した脱出法は私がいろいろ試して考えた結果たどり着けた方法なので、みなさんも諦めず工夫すれば、自分なりの脱出法がきっと見つかるはずです。

 

音楽、トランペットが大好きで、楽しみたい気持ちがあれば絶対に抜け出せます。

 

私はそんな方々を応援しています♪

 

 

 

レッスン、演奏依頼はこちらから

www.tpkumagai.com

 

ツイッターもやってます♪お気軽にフォローしてください!

twitter.com

 

愛猫のインスタグラムもあります♪

www.instagram.com

 

 

にほんブログ村 音楽ブログ 音楽活動へ
にほんブログ村

ディキシーに挑戦しました&レッスン紹介ページのお知らせ

おはようございます!

 

曇っていますね。

雨が好きなクマガイは内心ワクワクしています。笑

そんな昨日は大学の先輩にお誘いいただいて、人生初DIXIE JAZZのセッション練習に参加してきました。

 

(まずバンジョーを初めて見た私...)

 

いつもはジャズ理論ということでスタンダードスウィングのアドリブを練習しているのですが、それとはまた違った決まりやら吹き方やらあるそうです。

 

ちゃんとディキシーとして曲を聞いたのも初めてでしたし、知らないことばかりだったのでもっとちゃんと勉強したいと思いました。

 

コードもだいぶん読めるようにはなりましたが、アドリブの時はコードの響きとか信仰でなんとなくやってしまいがちなので...

理論でちゃんと説明できるように理解していきたいなと思ってます...

けどなかなか難しいです...

 

頑張ります!

 

 

 

さて、先日講師を勤めております島村楽器のホームページで私のレッスン紹介ページを作っていただきました!!

 

t.co

 

実際にどんな方が通ってくださっているのか、そんな内容でレッスンが進んでいくのかなど、レッスンをご検討されている方に具体的なイメージを持ってもらえたらという気持ちで書かせていただきました。

 

今の時期はマーチングコンテストに向けて練習をされている方もいらっしゃると思いますので、それに向けての特化したレッスン内容も掲載中です。

 

少しでも多くの方がトランペットに興味を持っていただけたら幸いです。

 

ぜひ一度のぞいて見てください!

 

 

 

私のホームページはこちら✨

www.tpkumagai.com

 

ツイッターあります!

twitter.com

 

 

にほんブログ村 音楽ブログ 音楽活動へ
にほんブログ村

秋の読書「半径5メートルの野望」を読みました。

こんにちは〜!

 

今日から10月!早いです...

 

あっという間に一年が過ぎてしまうんだろうなって思うとなんだか変な焦りを感じます。

 

少し前ですが、読書をしました。

 

はあちゅうさんの「半径5メートルの野望」。

 

はあちゅうさんは何気なくツイッターで拝見してから、「なにやらすごくエネルギーを持っている方だな。」と気になっていました。

 

そこからフォローさせていただいていると、この本に心動かされた方が沢山いらっしゃることを知りました。

 

気になるので読んでみましたが、読んで正解。

 

周りの目が気になる、「こんなもんか」で毎日を過ごす...

 

そんな私には鋭く刺さる言葉ばかりでした。

 

やりたいことやなりたい自分は思い描いているつもりでしたが、それに向けて具体的に行動できている時間は割合としてかなり低かったです。

 

この本を読んで、夢を現実にするには自分で動くしかない。

少しでいいから自分の考えで行動を起こすしかないんだと再認識させられました。

 

他人が羨ましいから負けないように練習していましたが、よく考えると自分がもっと表現できるようになるために上手くなりたいし、もっといろんなことができるようになりたいから練習するんだし、他人と比較ばかりしていても幸せな気持ちにはなれないよな〜って気づきました。

 

 

なので!

 

とにかくいろいろチャレンジしたいと思ってます!

まずはもっと演奏の機会が増えればなーって漠然と思っていたので、とにかく自分で企画して演奏場所を探していこうと思います。

 

フリーランスは自分で自分をプロデュースしていかないと

って当たり前のことをまた思い出したりしながら...頑張ろうと思います。

 

 

何か行き詰まっている方や、一歩踏み出す勇気が欲しい方、是非この本を読んでみてください♪

 

ほんとオススメですよ(^^)

 

↓もっかい貼っときます笑

 

にしても読書っていいですね。

自己啓発本は初めて読みましたが、この本はかなり読みやすかったです。(いつもは小説しか読まないのです...)

読書の秋ですし、移動時間はちょっとずつ読むようにしようかな♪

 

 

では!

 

 

演奏、レッスン依頼はこちらから↓

www.tpkumagai.com

 

活動用ツイッターあります!お気軽にフォローしてください!

 

twitter.com

 

 

にほんブログ村 音楽ブログへ
にほんブログ村

トランペットを丸洗い!一から手順をご紹介【写真付き】

こんにちは!

 

お昼間はまだまだ暑い日が続いていますね。

夜との温度差が大きいので体調管理にはお気をつけて...

 

さて、以前ご紹介していたお手入れ用品の記事を見てくださった方、ありがとうございます(^^)

今日はその記事を元に、実際のお手入れについて私の行っている方法をご紹介したいと思います。

 

お手入れ用品についての記事はコチラ↓

 

kumatp.hatenablog.com

 

目次

 

 

掃除を始めるその前に

まずは掃除に必要なアイテムを揃えてから始めましょう!

ここでいう掃除は水で丸洗いのことです(^^)

楽器を吹いている頻度にもよりますが、一ヶ月に一度ほど水を通せると汚れもつきにくく、綺麗な状態を保てるそうです。(なかなかそんな頻度ではできていませんが...)

 

それはさておき、用意するものです!

掃除に必要なもの

  • バスタオル
  • スポーツタオル
  • 楽器が丸々入る入れ物(水を溜めて楽器ごと浸けます)
  • 中性洗剤(ブラスソープ)
  • フレキシブルクリーナー

こんな感じですかね。

中性洗剤は台所用のものでOKですよ!

楽器屋さんに行けば「ブラスソープ」といって楽器を洗う専用のものもありますが、内容は変わらないので、無い方はわざわざ購入しなくて良いですよ。

私も台所洗剤を使っています。(ブラスソープは割高なので笑)

 

掃除後に使うもの

  • ティッシュ
  • 綿棒
  • クロス
  • スワブ
  • バルブオイル
  • スライドグリス
  • チューニングスライドオイル

です。

 

これらが揃ったら、いざ!洗浄です!

 

掃除を始めましょう

写真付きでご紹介したかったのですが、なんせ腕は二本、水を使う、大切な楽器を扱う、これまた大切なカメラを使うってことで、余裕のあるプロセスの写真しか撮れませんでした...omg

 

頑張って文章で説明します!笑

 

楽器を全てバラす

まず、用意したバスタオルを広げ、その上に楽器のバラせる部品は全てバラして待機させます。

f:id:tpkumasan:20170925164113j:plain

 

最初のうちはどこがどのパーツかわからなくなってしまうと思うので、こうやって大体ついていた向きや場所らへんに置いておくとわかりやすいと思います。

 

分解したパーツはどれもとても繊細なので、踏んだり落としたりしないように注意してあげてくださいね。 

 

洗浄用の液を作る

ここで楽器が丸々入る入れ物にぬるま湯(もしくは水)を溜めていきます。溜める際、一緒に中性洗剤を3プッシュくらい入れて混ぜておきます。

※絶対に熱湯は使わないでください!もちろん火傷の危険もありますし、楽器のメッキが剥がれるという事件が起きます;;;

 

私は洗面台に栓をして水を溜めています。洗面台の素材が硬いので、楽器に傷がつかないよう底にスポーツタオルをひいています。

 

f:id:tpkumasan:20170925165242j:plain

 

こんな感じで泡立ちました。(泡立たなくても混ざって入ればOK)

 

楽器をお風呂に入れます

f:id:tpkumasan:20170925165651j:plain

 

入れました。1~2分程放置して汚れとなじませます。

 

その後、フレキシブルクリーナーを主管をはじめとする抜き差し管に通していきます。

f:id:tpkumasan:20170925165932j:plain

 

汚れがたまっていると何やらモヤモヤした物体が一緒について出てきます笑

 

楽器屋さんによると、主管(この写真に通しているところ)さえゴシゴシすれば、他の管はそんなに汚れないので水を流すだけでも十分だそうです。

 

そしてここから超重要なことを言います。

ピストン部には絶対フレキシブルクリーナーを通さないでください!!!

 

ピストン部は自分ではもうノータッチで大丈夫です。

オイルを差すので大体の汚れはつかないそうです。

 

私は昔、中学時代に先輩から教わった通り、ピストン部もゴシゴシ洗っていました。

もう何年もです。

 

数年前、楽器の丸洗いをして組み立てていると

「あれ?!ピストンが入らない!!!」という事態に見舞われ、急いで楽器屋さんに持っていきました。

 

リペアマンさん「これ、ピストンにフレキシブルクリーナーとかやっちゃった?」

 

私「え!はい!やってます!」

 

リペアマンさん「あ〜絶対アカンわ。ほら、ちっさい傷だらけやもん。この傷に引っかかってんねん」

 

私「え、知らなかったです、もう何年もやってます...」

 

という衝撃の出来事を経験しました...

幸いすぐに直していただけたので良かったのですが、ピストン部が傷だらけって、なんだかとてもショックを受けたんですよね。楽器の命とも言える部分なのに...

 

なので絶対!ピストンはゴシゴシしないでください!

 

ちょいと話が逸れましたが、一通りブラシを通したら洗剤を水で流して完了です。

 

部品も一つずつ洗いましょう

先ほどは楽器本体だったので、最初に取り外した管も同じように洗います。

本体と同じく管も主管は念入りに、その他もさっとフレキシブルクリーナーを通して

から水洗いします。

 

バラした部品は管とピストン部に分かれますが、こちらもピストンはノータッチで良いと思います。(水に付ける場合はバネやスポンジまで分解する必要があるので、大変ですし、ややこしいので)後ほど、綿棒で軽く掃除します。

 

組み立て

まず、表面の水気をクロスなどの柔らかい布で拭き取りましょう。

(乾くとそのまま水の跡がついちゃいます。)

 

それができたら、実際に組み立てます。

f:id:tpkumasan:20170925224537j:plain

 

わかりやすいように番号を振ってみました。

 

まず管達(①〜④)は古いグリスが残っていることが多いので、ティッシュで拭き取ります。

 

①③チューニングスライドオイル

②④スライドグリス

⑤バルブオイル

 

をそれぞれまんべんなく塗り、差し込みます。

 

スカスカすると、吹奏感や音色、響きにも影響が出まてしまうので、ケチらずたっぷりと!が鉄則です。

 

⑤と⑥は綿棒で汚れをとります。⑤のピストンは表面に空いている穴の中に汚れが溜まるのでそれをさっと絡めとります。

⑥も古くなったオイルが溜まって黒くなっていることがあるので、それを取ってあげてくださいね。

 

汚れが取れたら、⑤にバルブオイルを塗って差し込みます。

 

で表面も磨いて...

 

完了!!!!

 

そんなに時間が取れないよって方に

もう一つ簡単な洗浄方法があるんです。お教えします。

 

マウスピースを除いた楽器本体(何にもバラしません)を持ちます。

 

f:id:tpkumasan:20170925230327j:plain

 

こうやってベルの方から水を入れます。

しばらく入れているとマウスピースをつける方から水が出てきます。

f:id:tpkumasan:20170925230530j:plain

 

ピストンを全部押して、①〜③の管にも水を行き渡らせます。

 

数秒流し続けたらベルを下にして、吹き口の方から思いっきり息を吹きます。

※念のためしっかり両手で持ってから息を吹いてください!(元から動きやすい①や③の管が、水や息の勢いで押し出されるのを防ぐためです)

 

すると管内の水が押し出され、汚れと一緒にベルから出てきます!!

 

これを何度か繰り返すとすっかり綺麗になりますよ(^^)

 

最後に

いかがでしたでしょうか?

なかなか初めて楽器を洗うとなると、勇気も労力も要りますよね。

そんな方にもずっと綺麗な楽器を使うために...ぜひ洗ってあげてください!

 

何ヶ月かに一度分解して洗えれば綺麗なまま維持できると思うので、その合間は最後にご紹介した方法で水を通し、汚れをつきにくくしてあげて入れば良いかと思います(^^)

 

ぜひチャレンジしてみてくださいね♪

 

レッスン、演奏依頼は↓こちら

www.tpkumagai.com

 

活動用ツイッターあります♪お気軽にフォローしてください♪

twitter.com

 

愛猫のインスタグラムやってます♪

www.instagram.com

 

にほんブログ村 音楽ブログへ
にほんブログ村

【初心者向け】私が実際に使っているオススメお手入れ用品

おはようございます!

 

なんと数日前から扁桃腺が腫れた勢いで扁桃腺に口内炎ができ、とっても辛い思いをしていますクマガイです...

 

一週間が過ぎ、ようやく広がることがなくなってきたのでそのまま治ってくれると信じています。

息を吸うにも、話すにも、食事も勿論、激痛です...楽器を吹くのもしばらく辛すぎでした。

 

これ、めっちゃくちゃ痛いのでただの扁桃腺の腫れやと侮らず、皆さんも気をつけてください;;

疲れなどで免疫が弱っているとなるそうです;;

睡眠は十分取ってくださいね。

 

 

さて、今日はお手入れ道具について私が実際に使っているもの、揃えた方が良いものをご紹介します。

 

では早速↓

 

目次

 

バルブオイル

これは楽器を購入した際に一緒についてきますね(^^)

一番使用頻度の高いお手入れ用品です。

種類も値段も様々で正直迷うと思いますが、バルブオイルであればどれでもトランペットには使えます。

 

ピストンの磨耗具合や実際の吹奏感に違いが出てくるので、色々試してみてしっくりくるのを選んでみるといいと思います。

 

私はここ何年もずっとHetmanを使用しています。

粘度が3段階から選べるようになっていますが私は2番選んでいます。なんでも2番は「一年以上使用した楽器用」らしいです。

 

使われた年数ごとの劣化具合に合わせて配合されているようですよ。

 

 

スライドグリス

バルブオイルの次によく使うのがスライドグリスです。

抜き差し頻度の多い主管はすぐにカサついてしまいますよね;;

 

カサついたままですと固まって抜けなくなったり、吹奏感が悪くなったりします。

気づいたらこまめに塗るようにしましょう。

 

グリスにはジェルのような液体状のものとリップクリームのような固形のものがあります。

固形タイプ

楽器についてくるのは固形のタイプ。自分の指で塗るものと、スティックになっているものがあります。

夏でも冬でも使いやすく初めての方にはこちらがオススメかもしれませんね(^^)

ただ少し乾燥しやすいのでこまめに塗りなおすことが必要です。

 

ジェルタイプ

私はジェルタイプのものを使っています。こちら↓

管楽器奏者はその見た目から「イチゴジャム」と呼んでいます。

伸びが良く、粘度も高いので一度塗ると結構長持ちします。

はみ出したのを拭き取る時にベタベタするのさえ我慢すれば(笑)オススメです!

 

チューニングスライドオイル

どんどん似たような名前のものがでてきましたね(笑)

こちらは1番や3番のような抜き差し管に使用します。

 

演奏中でも動かしやすいようにサラサラとした使用感です。それでいてしっかり保湿(!?)できちゃうアイテムです。(中粘度のってことです笑)

 

ここも気づいたらカサカサになっていることが多いので、こまめに塗ってあげてくださいね♪

 

クロス

楽器を大事にいつまでも綺麗に使用するには、演奏後の丁寧な磨きが必要です。

クロスにも沢山種類がありますので悩みますよね。

私は今こちらを使用しています。

 

手触りの良い生地で、超極細繊維が汚れを取り除いてくれます。

 

以前はこちらも使っていました! 

 

メガネ拭きなどにも使用されている生地なので何と言っても優しい生地!

こちらも結構汚れが取れてオススメです!(こちらが汚れてから上のミクロディアをいただいたので捨ててしまったのですけれど;;)

 

 

 マウスピースブラシ

マウスピースの中にも汚れは勿論たまります。

演奏後は毎回水洗い出来れば汚れる心配はないのですが、そういう訳にもいかないと思いますので、マウスピースブラシを使います。

 

マウスピースに突っ込んでゴシゴシすれば綺麗さっぱり汚れが落ちますよ(^^)

トランペットはSサイズです。

 

フレキシブルクリーナー

マウスピース同様、トランペット本体も管内には汚れがたまります。

出来れば1ヶ月に一度は主管にブラシを通してあげると良いかと思います(^^)

こちらもトランペットはSサイズですよ。

 

 スワブ

管内を水洗いした際に、取りきれなかった水気をスワブで吸収します。

私はしていないのですが、通常の演奏後、クロスで表面のお手入れをした後にスワブを通す方もいらっしゃいます。

汚れがつきにくいそうなので、もし興味があれば試してみてください!

 

 

 

お手入れセット

これまでご紹介してきたアイテムですが、実は初心者の方向けにセットが販売されています!(早く言えよ!って感じですか?すみません)

 

 

  •  バルブオイル
  • スライドグリス
  • クロス
  • スワブ
  • マウスピースブラシ
  • ガーゼ
  • ウォーターシート(水滴を吸収するシートです)

がセットになっています!

 

オイルやグリスの種類にこだわりたい方は単品をオススメしますが、とにかく必要なものを揃えたい!という方にはセットがオススメですね。

 

セットの中にはご紹介しなかったものや、逆にセットには入っていないものもあるので、見比べて参考にしていただけたらと思います(^^)

 

まとめ

 以上が私の実際に使っているお手入れアイテムたちです。

これだけあれば困ることはありませんし、もっとこだわる方はいろんなアイデア商品もあるのでお店でご覧になってみてはいかがでしょうか?

 

今度は実際のお手入れ方法をご紹介したいと思います(^^)

お楽しみに♪

 

 

演奏依頼、レッスンはこちらから♪

www.tpkumagai.com

 

活動用ツイッター始めました!お気軽にフォローしてください!

twitter.com

 

飼い猫のインスタグラムもひっそりやってます!

www.instagram.com

 

 

 

にほんブログ村 音楽ブログ 音楽活動へ
にほんブログ村

【トランペット吹きに】ぜひオススメしたいアイテム3選!

こんにちは!

 

台風も過ぎ、気持ちのいい青空が広がっていますね♪

 

 

さて、今日はトランペットを吹く人にオススメのアイテムをご紹介したいと思います!!

全てのアイテムに商品の詳細が見られるリンクをつけていますので、気になる方はそちらも見てみてくださいね♪

 

ちなみにこれからトランペットを始めたい方は過去記事のこちらもご参考になさってください(^^)

 

kumatp.hatenablog.com

 

目次

 

 

練習にも演奏にも大活躍!トランペットスタンド

一番最初にオススメしたいのがやはりスタンドですね。

トランペットは机や椅子に置ける大きさなので、いらないといえばいらないですが(笑)あればとっても便利です!

 

立奏のときはもちろん、座奏でも膝の上に置くより身軽で、「楽器を持ってないといけない!」というストレスがなくなります。

 

私も学生の頃は使う習慣がなかったのですが、卒業して使い始めてからは手放せなくなりました。

 

スタンドにも色々なメーカーから色々な形のものが販売されていますが、私のオススメはK&Mの5本足スタンドです。

 

この5本足というところが非常に大事なポイントです!

 

以前は同じK&Mの3本足のものを使用していたのですが、少し当たると楽器の重みでバランスを崩しやすいんです;;

 

ずっと何年間も3本足で問題なかったのですが、この1年の間にあろうことか2度も楽器を転かしてしまいました.....反省してもしきれない.....

 

幸い軽いへこみで済んだので良かったですが、がっつり歪んでしまったらと考えると恐ろしいです...

 

なので!少し3本足よりは値は張りますが、5本足をオススメしています(^^)

 

 

 銀メッキの大敵、黒ずみを防止する袋!

 

はい。これ。出会ったときは衝撃を受けました。

銀メッキや銀製品って綺麗に使っているつもりでも、磨ききれていなかったりする箇所が知らぬ間に黒く変色してしまうんです。

 

私の楽器も購入して5年以上経ちますが、所々黒ずんでしまっています。丁寧に磨いているつもりだったのですが...

 

なぜ変色してしまうのかというと

大気中に含まれるイオウ系臭気物質が銀と結びつくと硫黄銀となり銀表面が黒ずんだり変色したりするのです。

                ....C-Guard 説明書より

 

だそうです。

このC-Guardは袋の繊維に酸化銀を含んでおり、黒ずみの原因となるイオウ系の物質とイオン反応を起こし、発生させた原因物質をまた繊維内に取り込んでくれるそうです!

 

なんと画期的な!

 

すでに黒ずんでしまったところは元には戻りませんが、これからの黒ずみを防止できるのはとても頼もしいですね(^^)

 

ちなみに消臭効果もあって、楽器特有の臭いがケースからすっかり消えたのを実感しました!

 

長期間保存にも向いているそうなので、フリューゲルやC管用にも買おうかな〜と思っているところです(^^)

 

 

 

響きが増える金属の板

大きな音が鳴ればいいな...

もっと通る音が出したいな...

 

と思っている方!!!多いのではないでしょうか!!

そんな方にはリーフレックがオススメです。

 

金属の二枚の板なのですが、これをトランペット本体とマウスピースの接続部分にセットします。するとこの板が響きの橋渡しをしてくれ、音色の響きを増やしてくれます。

その他、音の芯がはっきりしたり、自身の吹奏感もよくなったように感じます。

わかりやすくいえば出した息全てが音となり、無駄なく響くような感覚です。

 

響きが増えると自然と音量も大きく聞こえますし、通る音にも繋がると思いますので、いいことばかりですね(^^)

 

海外(特にイギリスの金管バンド?)では定番のアイテムらしいです!

 

私もひょんなことからこのアイテムの存在を知り、試奏してみたところびっくり!

 

即購入しました笑

 

それほど衝撃なこちらのアイテム。素材も沢山種類があり、それによって音色にも違いが生まれるそうなので、是非店頭で試してみてくださいね!

 

ちなみにマウスピースと主管の連結だけでなく、主管とチューニング管との連結のダブル使いにするとさらに効果アップらしいです!(私は試したことはありませんが笑)

 

 

 

まとめ

いかがでしょうか。

また新しくオススメアイテムを発見したらもれなく皆様にもご紹介します!

 

気になった方はぜひ詳細をリンクから確認してみてください(^^)

 

それではより良いトランペットライフを♪

 

 

 

演奏依頼、レッスンも承っております!

詳細はこちら!ホームページをご覧ください♪

www.tpkumagai.com

 

活動用ツイッター始めました!お気軽にフォローしてください!

twitter.com

 

飼い猫インスタグラムもひっそりやってます!

www.instagram.com

 

 

にほんブログ村 音楽ブログ ミュージシャンへ
にほんブログ村

コンサート記録、Trumpet Duo Neoの活動ご紹介♪

こんにちは!

先日、ずっと使い続けてきたWindowsのハードディスクが限界を迎え、毎回警告が出るようになったので念願のMac PCを手に入れました!

 

f:id:tpkumasan:20170906133046j:plain

 

ジャーン!!

 

ずっと購入を迷い続けていたのですが、きっかけができたときの自分の決断力の速さにびっくりしつつ...

 

新しいPCでココロがウキウキしております(^^)

 

今後はこのPCでガンガン更新していきますので、どうぞよろしくお願いいたします♪

 

f:id:tpkumasan:20170906133211j:plain

 

ちなみに届いた瞬間、飼い猫が寄ってきました。笑

この後、本体を舐め始めたので危ないところでした汗(この猫、舐めた次は噛むのです笑)

 

 

さて、夏からの時期は自身のユニット「Trumpet  Duo Neo」での演奏の機会に恵まれておりました。

 

Trumpet Duo Neoについてはこちら↓

tpduoneo.wixsite.com

 

先日は、大阪守口市でお子様向けコンサートを開催いたしました!

 

f:id:tpkumasan:20170906134936j:plain

 

 予想以上の沢山のお客様にご来場いただき、私たちもびっくり&嬉しく思っております(^^)

詳しい演奏の様子はコチラをご覧ください!

tp2neo.blog.fc2.com

 

そして、演奏にお越しいただけなかった方にもTrumpet Duo Neoのことを知っていただきたいので、今回の演奏をハイライトにまとめた動画をYouTubeにアップしました!

 

YouTubeには以前の演奏ハイライトもございますので、ご興味のある方は是非是非ご覧下さい!

 


2017 9 3*CONCERT FOR KIDS ハイライト

 

後半、お客さんを交えた手遊びの曲ではみなさん参加してくださっている様子がよくわかります(^^)

とっても嬉しいです!ありがとうございます♪

 

 

コンサート後は何かしらの更新があるかも!?チャンネル登録はコチラから♪

www.youtube.com

 

もし私たちの演奏を気に入っていただけましたら、依頼演奏も承っておりますのでお気軽にご相談ください♪

 

今までの演奏記録や編成についてなどはこちらに詳しく記載しております!

https://tpduoneo.wixsite.com/tpduoneo/request

 

是非是非よろしくお願いいたします!

 

 

 

 

活動用ツイッター始めました!お気軽にフォローしてください!

 

twitter.com

 

 

f:id:tpkumasan:20170906140607j:plain

愛猫、ココちゃんのインスタグラムものんびり更新してます。猫好きの方は是非フォローしてください♪

 

www.instagram.com

 

 

にほんブログ村 音楽ブログ 音楽活動へ
にほんブログ村